エース・リフォーム 現場ルポ!

長野県、山梨県、三多摩地域の住宅塗装とリフォームならエース・リフォーム

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

ガラス工房の現場を見学してきました

2010-04-20(12:16)
 先日、ガラスアートの工房で、新入社員の樺澤君と一緒に作業の様子を見せてもらってきました。じつは、ガラスアートの制作現場を見るのはこれが初めてです。

 制作の最初はデザインから。

1004大阿久工房

 お客様からいただいたり、普通の紙に描いたデザイン案を基に、パソコンでデータを作成。
 カッティングプロッターという機械で専用シートに印刷し、加工したいガラスにしっかり貼ります。

1004大阿久工房02

 彫りたい部分には切れ込みが入っているのでこれを剥がし、サンドブラスターという機械に入れて加工します。

 大阿久工房には2台のサンドブラスターがあり、大きなもの(写真右)は縦1.8m×横3.6mまで加工可能。これまでにテーブルの天板加工などで実績があります。通常の表札は左の機械で行います。

1004大阿久工房03 1004大阿久工房04

 足元のペダルを踏むとガンの先から圧縮空気とともに細かな砂が飛び出し、対象物を削る仕組み。砂が当たるととても痛いので、実際は手袋をはめて作業します。

1004大阿久工房05 1004大阿久工房06

 樺澤君も実際に加工を体験しました(彼がやったのは、商品でないものなのでご安心を)。
「なるべく均等に砂を当てるのがコツ。同じところにずっと当ててると、最後にはガラスを貫通しちゃいますよ」
 と工房長がアドバイス。

1004大阿久工房07 1004大阿久工房11

 きちんとシートが貼られていないと圧縮空気がガラスとのすきまに入り込んで余計なところが削れてしまいます。塗装と同じで養生(マスキング)がとても大切になるわけです。

1004大阿久工房08 1004大阿久工房09

 削り終わったら、着色を行います。以前納品した空手大会の楯の余り(^_^;)で実演してもらいました。
 ハケを使って粉の顔料をパタパタと乗せると、砂で削られた細かな凹凸に顔料の粒が入り込んで色がつく、というわけですね。グラデーションも付けられます。
 実際は最後にクリヤーを吹き付け、マスキングシートを剥がして完成です。

 詳しくは大阿久工房のブログでどうぞ。
 また機会があれば、ひとつの作品が出来上がる様子を最初から最後までご紹介できればと思っています。


  
スポンサーサイト
テーマ : インテリア・雑貨
ジャンル : 趣味・実用

施工事例:ガラス表札【安曇野市 岩田様邸】

2010-04-18(14:00)
 今回は、グラスアート事業部「大阿久工房」が行ったLED(発光ダイオード)付きのガラス表札の施工例をお伝えします。

 お手伝いさせていただいたのは2009年6月、安曇野市の岩田様のお宅。
 ウォースペイント松本支店が屋根塗装をさせていただいた折、担当者がガラス表札のご説明をすると、奥様が「それ、付けてみたい!」。

 「せっかくだから」と夜間に文字やイラストが浮き上がるLED付きのものとし、デザインは岩田様のお嬢様がしてくださることになりました。

 こうして出来上がったのが、四葉のクローバーをあしらったこの作品。
ガラス岩田a ガラス岩田b
 ガラス板の上隅に発光ダイオードが取り付けられており、ガラスの中を通った光が彫り部分で乱反射してきれいに光る仕組みです。

ガラス岩田0
 クローバーの部分は、輪郭を一度深彫りしてからマスキングテープをはがして平彫りする「二段彫り」で、くっきりとした表現に。アルマイト加工のバックボードは中央に円を配置し、字の部分を際立たせるアクセントとしました。

ガラス岩田02b ガラス岩田02c

 岩田様の玄関で取り付け工事開始です。センサー式の照明ランプから線を引っ張って電源に。
ガラス岩田08
 ランプを一度外す必要がありましたが、壁から出た線が繋がっているので工房長が作業の間ずっと支えておりました。「う、腕が疲れるよう~」

ガラス岩田06 ガラス岩田05
 軒下の巣から見守っているツバメたちが、プレゼントで激励してくれます。
「フンばれよ!」

 無事バックボードを取り付け。
ガラス岩田09 ガラス岩田10
 ガラスを取り付け、配線にカバーをかけて作業完了!
ガラス岩田11a

 センサーで玄関灯が点くと同時に表札も光で浮かび上がります。
 後日、「夜はこんな感じですよ!」と奥様が写真を送ってくださいました。
ガラス岩田12
 きれいですねえ・・・!

 また、社長からお願いを差し上げたアンケートでは、こんなうれしいご感想を寄せてくださいました。

「とにかく大満足。お値段も良かったけど、思い切って頼んで良かったです。お客さんは必ず表札のことをほめてくれます。
 表札は家の顔。世界にたった一つ、我が家で一番の宝です!」
(要約です)

 スタッフ一同もあんまり嬉しいかったので、岩田様からいただいたアンケートはいまも工房の壁に飾ってます。

 関連サイト・ブログ
大阿久工房ブログ
http://www.worthpaint.biz/glass/

  
テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

施工事例:ガラス表札【飯田市 鈴木様邸】

2010-04-17(16:11)
  こんにちは。きょうはわが社のグラスアート事業部「大阿久工房」の仕事をご紹介します。

 塗装やリフォームが主力のウォースペイントが、なぜグラスアートもやっているのか?
 話せば長くなりますが、リフォームを機に表札も新しいものにしたいなあ、というお客様はけっこう多くいらっしゃいます。そんなときに当社がご提案しているのが、ちょっと、というかかなりオシャレなガラスの表札なのです。

 大阿久工房では、白いジャンパーを着た女性スタッフを中心に戸別訪問して「ガラスの表札、作りませんか?」とご提案して回っています。こういう訪問販売もなかなか珍しいかもしれません。そんななかで、「リフォームも頼むよ」なんてお声をいただくと、以前ご紹介した荒木様邸のように外壁塗装などのお仕事にもつながるわけです。

 まずは、2009年7月に受注した飯田市の鈴木様邸の場合をご紹介。

ガラス鈴木01

 それまで奥様の手作りで木の表札などを出していらっしゃったとのことですが、風で飛ばされてしまったりしてちょうど「そろそろまた付けなきゃ」とお考えだったタイミング。

「せっかくなら二人の娘の名前にちなんだデザインがいいわ」
 とのご要望を受け、工房の女性デザイナーが原案作成、打ち合わせを重ねて出来上がったのがこの表札です。

ガラス鈴木02

花や果物が微笑んでいるのは、お子さんをはじめ家族のみなさんが、毎日笑顔で家を出て、また帰ってきていただきたい、という願いを込めて。

 案を一目見て、鈴木様からは「あら、可愛い!」と喜んでいただきました。

 左は、表札を取り付ける前の玄関。失礼ながら、壁に穴を開けさせていただいて・・・
ガラス鈴木03 ガラス鈴木04

 取り付け金具で4隅を留め、ガラスを台座に固定します。
ガラス鈴木05 ガラス鈴木06

 取り付け完了!

ガラス鈴木07

 玄関が華やいだ雰囲気になりました!
 配色も優しい色合いで、この表札を見るだけでほっと笑顔になれるような気がします。当社営業マンのような訪問販売員も癒される~~!?

 表札は家の顔なんだなあと、実感できました。

 関連サイト・ブログ
大阿久工房ブログ(最近更新サボッてる?)
http://www.worthpaint.biz/glass/


  
テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

施工事例:外装【松川町 M歯科様】

2010-01-25(18:01)
 こんにちは、取材担当のイマイです。きょうは2009年9月に外壁塗装をさせていただいた松川町のM歯科様の施工事例をお届けします。

 M歯科様の建物はクリニック兼ご自宅。平成5年に開業して以来、外装の手入れなどはしてこなかったとそうです。ここ数年傷みが目立ってきたものの、子ども部屋の増築などで手が回らなかったのだとか。けれどことし、ついに外装のリニューアルを決断。当社にお声をかけてくださいました。
「営業の和地さんが『自信を持っていい仕事をさせていただきます』と言ってくれたので。こちらの予算も限られていたのでなるべく安く、とはお願いしましたけどね」
 と院長のM先生。

01施工前1
 こちらが施工前のM歯科様。遠目ではさほど傷みはないように見えますが……。

02施工前2 03施工前3
 塗料がはがれ、粉状に劣化。防水機能が切れているサインです。
「写真を見せてもらって、予想外に傷んでいることに驚きました」とM先生。

 下地調整(9月12日)
 まずは外壁が浮き上がってしまっているところをビスでしっかりと締め付けます(左下)。緩んだクギは打ち直します。どうしても埋まらない隙間は樹脂で埋めます。
04b下地調整 04足場
 足場組み立て(右上)
 大雨が降る天候の中でしたが、職人さんたちの頑張りで組み立て開始です。

 洗浄、養生(9月13日~)
05洗浄 06b養生
 除菌効果のある洗剤で汚れを落とします(左)。続いて塗料がついては困るところをシートでしっかりガード(右)。すべりにくい素材なので足元も安心です。

 コーキング(9月15日)
06eコーキングはがし 06fコーキング
 16年の間にぼろぼろになった目地材をはがし、マスキングテープを貼ってからポリウレタン系の速乾シーリング剤を充填します。滑らかに仕上げるのが職人の技。


06g不良箇所 06h不良修正
 ひびが入って壁材が剥がれ落ちた部分なども、塗装に入る前にしっかりと修繕。

 下塗り(18日~)
06i下塗り 06j下塗り
 下塗りによって傷んだ壁を強くします。今回は医療施設であることに配慮して、有機溶剤が含まれていない水性塗料を使用。広いところはローラー、細かいところはハケを使います。左写真には黒い汚れが見えますが、除菌済みなので重ね塗りしても大丈夫。

 中塗り(19日~)
06k中塗り 06l中塗り
 中塗りはウォースペイントのウリの一つ。寒冷地にも対応した防水性抜群のゴム系塗料を使います。専用のローラーで凹凸のある「ゆず肌仕上げ」を行うことで、外壁を落ち着いた質感に。角を立てず美しく仕上げるには、鋭い感性と熟練の技を必要とします。右上写真の上半分が中塗りしたところです。

 上塗り(19日~)
06m上塗り 06n上塗り
 お施主様が希望するカラーで上塗りします。右写真の左側が上塗り面、右側が中塗り面です。
06o上塗り2
 上塗りを丁寧に2回繰り返すことで、強く美しく仕上げます。下塗りからあわせて計4回の塗装を行うことになります。

 樋・破風(15日~20日)
06p樋 06q破風
 樋や破風も、専用の不織布できれいに汚れを落とし「目荒し」をしてから塗装します。これまでは白色でしたが今回はグレーに模様替え。
 右写真の左手前が古、右奥が新。やっぱりツヤが違いますね!


06r玄関 08看板塗装
 玄関の木部も前回と同じライトブルーで塗り直しました。看板の支柱もキレイに。

9月26日
09完成
 コンクリートの塀も塗装して完成! 前回は白でしたが、今回は優しいクリーム色に生まれ変わりました!

M先生のお話

「設計上、壁は凹凸が多くて面積が広いのに、びっくりするほど短期間でやってくれて助かりました。気がついたら終わってた、という感じですね。4層塗りは保ちがいいとのことで、安心できます。妻も満足してるみたいですよ」


M歯科
 風が強くて寒い中、撮影にご協力くださったM先生とスタッフの皆さん、どうもありがとうございました!

(取材:2010年1月22日)

  
テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

施工事例:トタン屋根張替え工事【飯島町 熊崎様邸】

2010-01-19(12:51)
 取材スタッフのイマイです。
 きょうは2009年11月にトタン屋根の張替え工事を施工させていただいた飯島町の熊崎哲児様邸の事例をご紹介します。
「ブログにお顔とお名前出してもいいですか?」
「おう、いいよ!」
と太っ腹な熊崎さん。ありがとうございます!

 熊崎さんは会社勤めの傍ら、リンゴとお米を栽培している兼業農家。
 自宅に隣接する物置兼作業小屋(昭和58年築)は、トタン屋根が老朽化して錆が広がっていました。
 そこで当社が参上。10日ほどかけて約300平方メートルを張替えることになりました。

1.jpg 2.jpg

 左が工事前の屋根。27年間の錆が浮いた鉄トタン。
 古いトタンを外していきます。

3.jpg 4.jpg
 老朽化した鉄骨も一部交換しながら、張替え作業開始。
 古いトタンを外しながら新しいトタンを張っていくので、小屋の中のものが風雨にさらされることはありません。

 棟もしっかりとりつけて雨水の浸入を防ぎます。
5.jpg 6.jpg
 すっかりきれいになった屋根。この下で行うリンゴの選果作業も少し新鮮な気分になるかも!?
 あわせて、母屋の屋根瓦の漆喰の塗り替え工事もさせていただきました。ありがとうございました!

熊崎

熊崎様のお話

「雨水がにじんで小屋の天井にシミが出来ていたんで、前から自分で張り替えようと思ってたんだよね。でもなんだかんだで手がつかなくって。おかげさまできれいになって、大変喜ばしく思います(笑)」



 熊崎さんの趣味はスポーツやオウトドアでのバーベキュー。現在36歳、花嫁募集中! だとか。明るい人柄で、取材させていただいたぼくもとても楽しかったです(ヨイショっと)。全国の婚活中の女子の皆さん、オススメですよ!!!(これだけ言っとけばいいかなっと)

(取材:2010年1月16日)

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。