エース・リフォーム 現場ルポ!

長野県、山梨県、三多摩地域の住宅塗装とリフォームならエース・リフォーム

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

エース・リフォーム杯RF武道空手道チャレンジカップが開かれました

2015-12-18(13:59)
2015年12月6日、飯田市武道館で「エース・リフォーム杯全日本RF武道空手道チャレンジカップ」が開かれました。
弊社がウォースペイントから社名変更してからは最初の協賛空手大会です。NPO法人日本武道総合格闘技連盟が主催し、飯田市体育協会が共催。弊社社長の大谷公昭が大会長を務めました。

151206karateIMG_3532

今年は対象年齢が高校生以上の大会として行われ、禅道会の初段に昇進するための「茶帯トーナメント」も同時開催。合わせて約60人の選手が出場しました。
また、「命を守ろうプロジェクトチャリティー」として、会場では募金活動も行われました。

開会式


P_20151206_120258_1
開会演武(ブロック割実演)

P_20151206_120651
選手入場

P_20151206_121809

151206karateIMG_3218
大会長挨拶

開会式には禅道会講演会名誉会長の吉田博美参議員もかけつけ、祝辞を述べました。
弊社の大谷は、大会長挨拶で「武道は我が社の営業活動とも通じるものがある。気持ちで負けないよう、精一杯頑張って」と選手らを激励しました。


151206karateIMG_3230
選手宣誓

試合開始


151206karateIMG_3327a

試合は高校生、女子、マスターズ、青年などの部門に分かれて行われました。
総合格闘技として禅道会以外の団体からも参戦があり、打撃、投技、寝技など多彩な技が繰り出されました。

151206karateIMG_3401

151206karateIMG_3404

決勝戦


決勝出場選手入場


151206karateIMG_3409
一番手として登場した永野隼都選手

151206karateIMG_3415
勢ぞろいした選手たち

今年度、弊社に入社した永野隼都選手(16)も高校生軽量の部に出場。積極的な戦いぶりで見事決勝に進出しましたが、禅道会錬成道場の村田龍信選手(同)に惜しくも敗れ、準優勝となりました。

決勝の試合の様子


151206karateIMG_3465

151206karateIMG_3472

151206karateIMG_3479b

151206karateIMG_3499

151206karateIMG_3537

151206karateIMG_3542

151206karateIMG_3603b

151206karateIMG_3640c

151206karateIMG_3641b

151206karateIMG_3712b

表彰式


151206karateIMG_3750

各部門で優勝および準優勝の選手には、エース・リフォーム杯恒例のガラス盾が贈られました。

151206karateIMG_3755

151206karateIMG_3765

151206karateIMG_3771

151206karateIMG_3772

記念撮影


151206karateIMG_3807

P_20151206_155708

大会の様子はSBC(信越放送)でも報道されました。


選手の皆さん、お疲れ様でした。関係者の皆様、ありがとうございました。

エース・リフォーム杯空手大会の詳細は→こちらをご覧ください。  
スポンサーサイト

雪とツツジの千人塚

2011-05-24(17:50)
 昨日からの雨が午前中に上がって、きょうは空気がとても澄んでいました。
 寒気の影響で、山の高いところにはふたたび雪が。
 せっかくのいい天気なので、上伊那郡飯島町の千人塚公園まで足を延ばしました。

 湖のまわりに植えられているツツジも、木によってはまだきれいな花を咲かせていました。

千人塚
  

上宮外県神社御柱祭 一の柱里曳き・建御柱

2010-05-10(23:04)
 ウォースペイントが中川村上宮外県神社の御柱祭に「三の柱」を奉納したことは以前お伝えしました。三の柱の里曳きと建御柱の様子は こちら と こちら

 5月2日、最後に残っていた「一の柱」の里曳きと建御柱が行われました。これが上宮諏訪神社の御柱祭のメーンイベントです。ウォースペイントからも社長や専務などが出席してきましたので、フォトギャラリーの形でお知らせします。

 午前7時過ぎ、参列者が神社の門前で手を清め、お祓いを受けてから拝殿での神事に臨みました。
 ちょっと暗くて見えづらいですが、右下写真の奥に置かれているのが、諏訪大社から迎えられた「御符」を納める神輿です。

中川上宮御柱祭01中川上宮御柱祭02

 神輿行列が徒歩10分ほどの前宮におもむき、神事を行って再び本宮に戻ります。

中川上宮御柱祭03 中川上宮御柱祭04


 午前10時半からは前宮から獅子舞が練り始めます。神社境内までの道中、ところどころで笛太鼓に合わせて舞を披露します。

中川上宮御柱祭06 中川上宮御柱祭07

 おかめや天狗(猿田彦?)、箕を持ちほうかむりした安来節のおじさんなんかも登場。


 午後1時半からはいよいよ一の柱の里曳き。山出しは3月14日に済み、柱は望岳荘下のAコープでお休みをしていました。そしてついにやってきた晴れ舞台。

中川上宮御柱祭08 中川上宮御柱祭09

 中川村の「陣馬太鼓」の勇壮な演奏に鼓舞されて里曳き開始。

中川上宮御柱祭10 中川上宮御柱祭11

地酒「今錦」の米澤酒造の前を通過し、境内に引き上げられます。

中川上宮御柱祭12 中川上宮御柱祭13

 続いてすぐに建御柱に入ります。
 ぐんぐんせりあがる御柱。迫力があります!

中川上宮御柱祭14 中川上宮御柱祭15 中川上宮御柱祭16

 無事建立! 祝いの餅投げも行われました。

 続いて、隣接する集会所を舞台に氏子衆による芸能披露。
 女性たちが松の描かれた扇子を手足に掲げて踊る「松づくし」、男性たちによる「義士踊り」が伝統です。

中川上宮御柱祭17 中川上宮御柱祭18

 これらの踊りも獅子舞もすべて40戸ほどの地元・北組地区の氏子たちが担っているので、一人何役もこなすのだとか。すごい!

 普段は静かな神社なのでしょうが、この日ばかりは境内も満員御礼。天候に恵まれ最高の御柱祭となりました。

  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

GW清内路探訪

2010-05-05(08:41)
 大型連休にかこつけて少々更新をサボってしまったイマイです。

hanamomo.jpg

 連休中、阿智村清内路に行ってきました。桜に続きハナモモが満開。ハナモモは近年、園原に近い月川温泉郷が有名で、今年のGWもかなりの人手だったようです。
 一方、清内路のハナモモ植栽も下伊那では歴史があり、国道256号は「花桃街道」と呼ばれています。国道沿いの並木だけでなく、山の斜面に咲くハナモモと出作り小屋の風景がいかにも「山里」という雰囲気で美しかったです。

 上清内路にある「ふるさと村自然園」では、クラフト作家たちが店を並べる「南信州いいずら市」が行われていました。

seinaiji.jpg

 飯田市からやってきた水引作家さんたちが、自慢の水引細工を販売。可愛い人形や格安の携帯ストラップ、子供たちが喜びそうな昆虫など、ユニークな作品が並んでいました。

 連休も終わり、また仕事を頑張らなくちゃ、ですね。
  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

南信州の桜探訪8

2010-04-25(23:00)
 南信州の桜探訪第8弾。今回は阿智村の桜を紹介します。標高が高いので、例年4月下旬に見ごろを迎える桜たちです。

駒つなぎの桜

樹種:エドヒガン
推定樹齢:500年
樹高:16m
所在地:阿智村園原・ビジターセンター「はヽき木館」から徒歩10分
撮影日:2010年4月21日

100421komatunagi.jpg

 全国から写真愛好家を集める有名な桜。田んぼに季節外れの水が張られているのは、カメラマンに対する地元の人の粋なサービスです。専門家に言わせると「桜は水はけのよい土地を好むので、木にとってはあまりよくない」とのことですが…。
 源義経が乗馬を繋いだとの伝説からこの名があります。兄頼朝から逃れるために義経が京都から奥州へ向け東山道を下ったのは文治3(1187)年2月。そのときすでに生えていたとしたら、樹齢はおよそ830年になる計算ですが、まあそこはそれ野暮なことは言わないように。
 開花の時期には近くの道路が車両通行止めになり、無料駐車場から1km弱歩くことになりますが、のどかな山里の風景を楽しめるので、苦になりません。


大きな地図で見る

黒船桜

樹種:ヒガンシダレ
推定樹齢:160年
所在地:阿智村清内路
撮影日:2010年4月21日

100421kurofune.jpg

 阿智村に合併した旧清内路村、その小学校の脇道を下って橋を渡った墓地にそびえています。ペリー来航の年(1853年)に植えられたと伝えられ、この名があります。周囲には「竹宵」と呼ばれる竹筒行燈が立ち並び、夜にはライトアップも。地元の人たちが地域おこしの核のひとつとして力を入れています。
 清内路はハナモモが有名。この写真を撮ったときはまだつぼみでしたが、連休中は見ごろになるのではないでしょうか。


大きな地図で見る

清南寺の夫婦桜

種類:ヒガンザクラ
推定樹齢:200年
所在地:阿智村清内路
撮影日:2010年4月21日

100421seinanji.jpg

 上清内路集落にあるお寺の境内に咲く古木。 本堂のガラス窓に映える桜影がきれいでした。
 写真はおそらく「夫」桜。夫婦桜といいながら3本あったんですが、真ん中の木は「子ども」という設定でしょうか。
 セイナンジとセイナイジ、よく似てるんですが、このお寺が清内路の地名の由来なのでしょうか?
 古くは織田信長の戦いぶりを記録した『信長公記』に「清南寺口」という語が登場し、この近辺のことだと考えられています。


大きな地図で見る

桜探訪1 桜探訪2 桜探訪3 桜探訪4 桜探訪5 桜探訪6 桜探訪7

  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。