エース・リフォーム 現場ルポ!

長野県、山梨県、三多摩地域の住宅塗装とリフォームならエース・リフォーム

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】8

2010-03-31(16:13)
 荒木様邸で足場の撤去が行われ、すべての作業が終了しました。
 職人さんたちが次々と足場を解体し、2時間ほどでトラックへの積み込みが完了。

araki45.jpg

 すっかり新しくなった建物を前に、この日を楽しみにしていた荒木様も「こうでなくっちゃ」と目を細めていらっしゃいました。
 外壁の色も、
「カタログで選んだときは『ちょっと濃いかな?』と思ったけど、こうして見てみると選択に間違いはなかったよ」
 と満足していただけた様子。奥様も
「窓枠の白が映えますね。メリハリがつきましたよ」
 と喜んでくださいました。

araki46.jpg
 庭の木々もいっそう鮮やかになりました。

屋根についても、
「普段は見えないけど、足場に登ってみて古くなってたんだなとよく分かりました」と奥様。

 ――今回のわたしどもの仕事ぶりについてはいかがでしたか?

「仕上がりは結構。文句をいうところはないですよ。職人さんは黙々とよく働いてた、大したもんだ。これまでの経験からして、塗装屋なんていい加減な仕事をするかと思っていたけれど、考え直したね」

(左が施工前、右が施工後)
araki47w.jpgaraki47wa.jpg

 じつは以前に地元外の業者に別の家屋の塗装を依頼したとき、その仕事振りに不満があったのだとか。
「見積もり段階では3回塗りと言ってたのに、すぐ終わっちゃった。直してほしいところがあって連絡してもちっとも動いてくれない。やっぱり地元の業者でなきゃダメだね」
「その点、今回は下塗りや中塗りで塗料の色が違ってたから、『ああ、ちゃんとやってくれてるな』ってのが良く分かって安心できたよ」
 駐車場や物置などを自分で作り、プロ並みの仕事をこなす荒木様。その厳しい目から見ても合格点をいただけたようです。

(左が施工前、右が施工後)
araki48.jpgaraki48a.jpg

 ――今回の作業で何かご不満などは?

「注文はないね。強いて言うなら、工期がちょっと長かったかな? でも少ない数の職人さんが責任もってやってくれたから、むしろ良かったのかもね」

(左が施工前、右が施工後)
araki49.jpgaraki49a.jpg

 スタッフがご近所にご挨拶回りをしていると、お隣のご主人も出ていらっしゃって
「きれいになったねえ」。
 荒木様、ご近所の皆様、どうもありがとうございました!

araki50.jpg

荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3 荒木様邸4 荒木様邸5 荒木様邸6
荒木様邸7
  
スポンサーサイト
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】7

2010-03-30(12:12)
 土日はお邪魔できませんでしたが、荒木様邸では屋根の塗装が無事完了しました。

 せっかくなので、パノラマ写真でご紹介。(クリックで拡大します)
araki41パノラマ
 みちがえるようにきれいになりました。

araki43.jpg araki42.jpg
 右が塗装前(洗浄後)、左が塗装後。
「ふう~生き返った~」と屋根が喜んでいるような気がしませんか?

araki44.jpg
 スレートが割れていた部分も、パテで補修されました。これで安心です。

 足場が撤去されてしまえば自宅の屋根を見る機会もほとんどなくなってしまうものですが、これだけしっかりと塗ってあれば、これからの生活もちょっと気分が違ってくるかも?

 これで工程はほぼ終了。あとは足場撤去で生まれ変わった荒木様邸のお披露目を待つばかりです。

荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3 荒木様邸4 荒木様邸5 荒木様邸6  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

飯田お練りまつりに行ってきました

2010-03-29(23:48)
 行ってきました、飯田お練りまつり。
 過去最多、32万人のお客さんがあったとか。飯田市の人口の3倍の人が集まったということですから、すごいですね。

 ぼく(イマイ)は初日の26日に駆け足で東野大獅子と大名行列を見物してきました。見物人はほとんど地元の人たちでしたが、それでも東野大獅子は巡行予定地に先回りしないと見られないほどの人気ぶりでした。

お練り東野1
 獅子頭は約30kg、全国でも最大級だそうで、横にハンドルがついてる獅子頭なんてそうはないでしょう。

お練り東野2
 所望した商店の中に乱入する獅子。暴れて家が壊れても、むしろ「おめでたい」ことなのだとか。こんな巨大生物が本当に市街地を徘徊してたら怖いですね。幌獅子大集合のお練りまつりはさしずめ大海嘯、それとも怪獣総進撃?

 一方、本町3丁目の大名行列は長く広がるので見物も楽。先頭の化粧傘の人は、パンフレットやCMなんかに登場しているので面識がなくても「あ、あの人だ!」と指を差したくなります。まさに「飯田の顔」ですね。
お練り大名
「エー ハリワサー トーナー」
 の掛け声が印象的で耳に残ります。

お練り大名2 
 所望に応じて傘や草履の曲芸が披露されます。傘をくるくる回したり、草履を高々と放り投げたり。普通のサラリーマンの人などがここ数ヶ月の間に練習を重ねてこれだけの技を身につけるのですから、飯田人は芸達者ですね。

 本町3丁目の行列道具などは100万石の大名に匹敵するといわれていますが、江戸時代でも参勤交代の列に向かって「ひとつ所望頼むワ」なんて言ったら……打ち首ものでしょうね、やっぱり。
お練り大名3
 行列の後ろの方には、お駕籠や女中さんたちが並びます。とくに所作や芸をするわけではないので、風が強く吹くときはちょっと寒そう。退屈でもダラケたりできないので、きっと大変だと思います。

お練り鹿島踊り
 27日の中央広場ステージでは、松尾町3丁目の「鹿島踊り」が上演されていました。日本神話を題材にしたもので、お練りまつりの出し物の中で最も歴史が古いそうです。

 土・日は自分の仕事に手一杯で他の出し物を見る余裕はありませんでしたが、天気にも恵まれ最高のお練りまつりでした。  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】6

2010-03-26(23:26)
 3日ほど連続した雨が上がり、きょうは屋根の上塗りの1回目に入りました。シリコン系の塗料を使います。

araki36.jpg araki37.jpg
 使う色は前回よりも若干明るいカカオブラウン。いわゆるチョコレート色です。
 棟に沿ってハケで丁寧に塗っていきます。その後ローラーを入れます。

 荒木様も、すっかりきれいになった外壁に
「早く足場が取れるといいねえ。楽しみだ」
 と笑顔。
「おたくみたいにしっかり仕事する業者は初めてだよ。よその塗装工事見てると、最初は『三回塗ります』って言ってたのに、『あれ、もう終わっちゃったの?』ってところ多いもの」
 ありがとうございます! なにしろウォースペイントは外壁を4回塗りするのが自慢ですから!

「ブログも毎回見てるよ。これなら自分で足場登って見に行かなくても様子が分かるから楽だね(笑)」

araki38.jpg araki39.jpg

 ニーナちゃんも大喜び!?

 きょうは、時折日差しが射すものの風が強く肌寒い一日。荒木様ご夫婦が「中でお茶でも飲んでいきな」と誘ってくださいました。

 喜んでお宅にお邪魔して、コーヒーとストロベリーケーキをご馳走になりました。

 お部屋には、デアゴスチーニの雑誌で2年かけて組み立てたという真鍮製の大きな機関車模型が。スイッチを押せば車輪が回ったりと細部までしっかりしたリアルなものです。おお、すごい。

araki40.jpg

 ケーキをいただきながら、ご夫婦の趣味であるキャンピングカーでの旅のお話をうかがいました。
 北海道から鹿児島まで全国を旅していらっしゃる荒木様。
「また来たね」と言ってくれる顔なじみが全国にいるのだとか。
 今年の春にはニーナちゃんを連れて北海道に出かけるご予定。海の幸が安くておいしいそうです。楽しそうです! よい旅を!

荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3 荒木様邸4 荒木様邸5

  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】5

2010-03-23(23:13)
 荒木様邸では、21日~22日にかけて外壁の上塗り(もちろん2度塗りですよ!)が完了しました。

araki28.jpg araki29.jpg
 施工前とほぼ同じ色の仕上がりですが、やはりツヤが違いますね!

 雨樋なども白の塗料ですっかりきれいに。新築当時の美しさがよみがえりました。
araki30.jpg araki31.jpg

 続いて屋根の塗装に着手。
 まずは洗浄後にたまったホコリやごみをブロアーで吹き飛ばします。この季節、黄砂が積もっているかと心配でしたが、雨が流してくれたようでほとんど影響はなし。

araki32.jpg

 続いて、シーラーと呼ばれる下地剤をスレート瓦にたっぷり染み込ませます。
 洗浄によって古い塗膜が吹き飛ばされた下地はスカスカの状態なので、このまま主剤を塗ってもすぐはがれてしまいます。それを防ぐために下地を整えるのがシーラーの役目。
「言ってみれば、屋根のビタミン剤ってところかな」
 とは、恩田マネジャーの言葉。なるほど。

araki33a.jpg araki34a.jpg

 年季が入った下地は一度シーラーを塗っただけではどんどん染み込んでしまうので(右上写真)、荒木様邸でもしっかりと2度塗りします。

 上塗りは次回に、天気を見ながら。屋根が済めば、もうすぐ完了間近です。

araki35.jpg

 お庭のウメがきれいに満開。春ですねえ。

荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3 荒木様邸4 荒木様邸5

  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】4

2010-03-19(14:36)
 荒木様邸では、18日に下塗りが終了。きょうは中塗りです。
 空は穏やかに晴れ渡って風もなく、「最高の塗装日和」(by職人さん)
とのこと。ゆず肌仕上げの中塗りに使うアクリルゴム系塗料は微妙な粘度の調節が必要ですが、きょうは「基本どおりでOK」だそうです。

araki23.jpg araki24.jpg
右上の写真、左半分が中塗り終了、右半分が下塗りの状態です。

 荒木様邸の外壁板はもともと凹凸のある素材が使われており、これは某大手メーカーの特色なのだとか。凸部分が通常の壁面より滑りやすいので「いつもよりマメったく(丁寧に)やってます」と職人さん。

araki26.jpg araki27.jpg

 中塗りは一度塗り始めたら簡単に中断できないので、作業を区切るためにあらかじめ絶縁テープを貼っておきます。今回の場合は高さ3メートルほどの壁板1枚ごとに作業を行うので、職人さんは足場を上ったり降りたりの繰り返し。脚立が使えない場所なのでちょっと大変ですね。ご苦労さまです!

軒天もきれいになりました(右写真)。作業は順調に進んでおります。

荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3 荒木様邸4  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

社員のマナー研修を行いました

2010-03-18(23:47)
 18日、伊那支店近くの日影公民館でウォースペイント社員を対象としたマナー研修が行われました。
 専門の講師を招いてこうした研修を行うのは、じつはわが社では初めてのことです。若手社員が入ったことや、今後顧客に法人のお客様が増えていくことに備え、NTT東日本―長野・研修事業部の市川みえ子先生を講師に迎え、事務社員のほか部長や社長も含む12人が受講しました。

manner01.jpg

 講師の市川先生は電話応対コンクールの審査委員や長野大学の講師などを務める電話対応マナーのプロでいらっしゃいます。

manner02b.jpg manner02.jpg

「かつては『顧客からクレームが来た』『社員のマナーが見るに耐えない』ということで研修を頼まれることがほとんどでしたが、最近は『人と人との関わりを大切にしたい』と頼まれることが多くなりました」
 と市川先生。わが社がお願いした理由も後者です!!
 普段何気なくできているつもりの接客態度を、改めて基本から見つめ直す機会です。

 まずは初対面の人と話すときのマナー。
 基本は「正対」と「違和感のない距離」。互いに片手を伸ばして触れるか触れないかの距離で、社員同士で自己紹介する練習をしました。

 笑顔で、元気よく、ハキハキと!
manner03.jpg manner04.jpg

「人が一番興味を持っているのは自分自身のこと。相手のことに関心を持って、何かを誉めてあげる『プラスのストローク』をしてみてください」
 相手から誉められたときは、「いえ、そんなことありません」と謙遜するのはマイナスのストローク。

「そのネクタイ素敵ですね」
「ありがとうございます。わたしも気に入ってるんですよ。妻がプレゼントしてくれまして……」

 なんて会話ならプラスの応酬になるわけですね。なるほど。

 続いて電話応対の研修。

「皆さんの表情や姿勢は電話でもすぐ相手に伝わります。つねに笑顔で、『お客様第一』を忘れないことです」

manner05.jpg manner06.jpg

 練習用の電話を使い、
「お電話ありがとうございます。ウォースペイント、○○でございます」
 と応対する声を一人ずつ録音して先生に講評していただきました。

 飯田本社の事務担当・平澤君は
「自然で笑顔が見えてくるような声ですね。クセがなくてテンポもいいですよ」
と誉められました。読者の皆さん、ぜひ電話してみてあげてください☆

 そのほかの社員も
「優しく包み込むような声ですね」
「言葉がはっきりして聞き取りやすいですよ」
 と、市川先生はさすがの誉め上手。なかでも後藤マネジャーのダンディーな声は
「いい声ですね。惹き付けられます」
 と絶賛でした。

 きちんと誉めた上で、
「もう少しテンポを良くするといいですね」
「声は明るいので、あとは早口言葉を練習してみては」
 と、一人ひとりに具体的なアドバイスもしてくださいました。
 自分の電話の声を聞く機会なんてなかなかありませんから、とてもいい勉強になりました。

 市川先生が顧客役となっての模擬応対では、多くの社員が緊張してしまって少しシドロモドロ。普段はもう少しスムーズにできてるつもりなんですが……。

manner07.jpg

 市川先生はわが社の印象について、
「社員の皆さんはとても明るくて笑顔にあふれてますね。声もよく出ていて存在感があります。声、笑顔、きびきびした態度。この3つが揃っていれば大丈夫です」
 と誉めてくださいました。
 これも日頃の朝礼の成果でしょうか。

 明日も笑顔で頑張りましょう!
 
  
テーマ : 仕事の基本
ジャンル : ビジネス

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】3

2010-03-17(13:03)
 荒木様邸のルポ第3回をお届けします。

 まずは、前回に高圧洗浄した屋根の結果。左が洗浄前、右が洗浄後です。
araki16.jpg araki17.jpg
苔や劣化塗膜が高圧水流を受けて吹き飛び、スレートの地肌が白く露出しているのが分かります。

 きょうは養生作業を行いました。2階から順に、窓や壁から出たパイプ類をビニールで覆います。
BSパラボラアンテナもしっかりと。
araki18.jpg araki19.jpg

 養生は、
1.辺縁部に絶縁テープを貼る
2.テープ状に巻かれたビニールシートを貼る
3.辺縁部をガムテープで固定・密封する

 の3段作業。
araki20.jpg araki21.jpg

最初に絶縁テープを貼るのは塗料がシートと壁のすきまから侵入しないための工夫です。
 このあたりにも丁寧な職人作業が光ってますね。

 そろそろ春も本番です。

araki22.jpg



過去記事
荒木様邸1 荒木様邸2  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 熊岡様邸】6

2010-03-16(13:31)
飯田市熊岡様邸の施工ルポです。

 上塗り作業が14日(日)に完了しました。御柱の取材と重なったので、作業の写真が撮れなくてスミマセン。

40kumaoka.jpg 41kumaoka.jpg

 上塗りに使った色は、1階が少し濃いグレー、2階が明るいグレーの2色。もちろん2度塗りです。
 中塗りのゆず肌仕上げにつやが加わり、新築と区別つかないピカピカになりました!

42kumaoka.jpg 43kumaoka.jpg

 樋などもきれいに塗りなおし。
 屋根も見違えるようにきれいになりました。

44kumaoka.jpg

 あとは最後の仕上げをして、足場を撤去すれば完了。生まれ変わった熊岡様邸の御披露目が待ち遠しいですね!

過去記事

熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 

  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】2

2010-03-15(17:39)
 先日足場が完成した荒木様邸ではきょう、洗浄が行われました。

araki09.jpg araki10.jpg

 化粧スレート屋根は表面の塗膜がかなり劣化して、防水力が落ちてきている様子。スレートの表面がツルツルしているのがその証拠です。板が割れている所も2ヶ所見つかりました。

araki11a.jpg araki12.jpg

 ジェット水流をあてると、雨樋にたまったチリが黒い飛沫になって足場を覆うメッシュシートに飛び散ります。
「うおー、生き返るう」と建物の深呼吸が聞こえてきそう。

araki11.jpg araki13.jpg araki14.jpg

 除菌液を加えて壁面の洗浄にとりかかります。屋根と壁とでは洗浄機のノズルも異なります。

araki15.jpg

 鳥のふんや昆虫の産卵跡なども取り除かれて、これだけでもかなりサッパリした印象。網戸もきれいにしておきましたから!

関連記事
荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

上宮外県神社 御柱祭里曳き

2010-03-14(17:46)
 きょうは【日本で最も美しい村】中川村の上宮外県神社で御柱祭の山出しと里引きがありました。

 4本ある御柱のうち、社殿向かって右奥に建てる「三の柱」は、ご縁あってわがウォースペイントが寄進させていただきました。社員も参加し、氏子の人たちと声をそろえて綱を引きました。

hasira02.jpg hasira01.jpg

 当初は7日に予定していましたが、雨のためきょうに順延。おかげで雲ひとつない御柱日和になりました。
 午前8時に神社へ集合して参拝。行事の無事を祈りました。

 車でピストン輸送してもらい、約70人がアンフォルメル美術館下の山中へ。三の柱は末口(根元部分)の直径が34cm、長さ11.2m、重さ1.2tのアカマツです。

 木遣り衆の唄が響きます。諏訪みたいに甲高い声ではなく、無理がない良い声。

hasira03.jpg

段取りついたらそろそろお発ちだ
よーいそれー

皆さまご無事で綱にとりつき
元から裏まで力を合わせて
よーいそれー

 深くえぐられた山道を横切るとき丸太橋を渡るさまは昔の「木馬(きんま)」さながら。木立の向こうには雪をかぶった中央アルプスがくっきりと映えています。

hasira06.jpg

 舗装道路に出す直前の木落としが一番のクライマックス。
「先着10人、誰が乗る?」
 本場諏訪の木落とし坂だってこんなに急じゃありませんから。迫力満点!

hasira07.jpg

 休憩所では地酒「今錦」が飲み放題。腰に吊るせるようにひもと根付がついた携帯用竹コップでグイッと燃料補給します。プハー、もういっちょ頑張るぞ!

hasira08.jpg hasira09.jpg

 朝は風が冷たく肌寒かったのですが、昼に近づくに連れて気温も上がり、重労働で暑いくらい。道端の畑では梅の花がきれいです。

hasira10.jpg hasira11.jpg

 立て札を掲げた山田専務を先頭に、里曳きの行列は「ワッショイ、ワッショイ」と賑やかに進みます。

hasira12.jpg hasira13.jpg
 ほんとうに山と空がきれい。社員そろって記念撮影。

hasira14.jpg

 神社の手前、最後の上り坂。
 一気に境内へと引き上げます。

hasira15.jpg

 午後は四の柱を同様に神社まで引き寄せ、建御柱は27日。天気がよくなるといいですね。
 いい汗かいた! あしたはみんな筋肉痛かも……。  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

施工ルポ:屋根外壁塗装【飯田市 荒木様邸】1

2010-03-13(23:22)
 もう一つの現場の様子を平行してお届けすることになりました。飯田市内の荒木様邸です。
 塗装させていただくのは洋風2階建ての住宅。築10年以上とのことで、たしかに壁の変色や手すりの塗料剥離などが目立っています。
araki01.jpg

「いろんな塗装屋さんが何度も『どうですか』って営業に来てくれてたのを『まだいいよ』って断ってたんだけど、いつの間にかおたくに『してやられちゃった』ね」
 と笑うご主人。どうもありがとうございます!!

araki02.jpg

 荒木家のアイドルは、ラブラドルレトリバーのニーナちゃん(10歳)。人と遊ぶのと水浴びが大好きな女の子です。どんなお客さんにも愛想よく、「撫でて、撫でて」とおなかを見せます。ちょっと、女の子なのにそんなポーズしちゃっていいの!?

araki03.jpg araki04.jpg

 一方、ご主人の趣味はカメラの収集ということで、秘蔵の品を見学させてもらいました。
 もともと写真撮影が趣味で、過去には飯田お練りまつりのフォトコンテストでグランプリを獲得したこともあるほどの実力をお持ちです。
araki05.jpg
 10数年前、写真店から段ボール箱いっぱいの中古カメラをもらって修理してみたのがきっかけで収集に熱が入ったのだとか。いまやその数600点、おそらく飯田では随一のコレクションです。
 ローライ、ハッセルブラッドなど外国の名機のほか、キヤノンやニコンなどは歴代シリーズを網羅。二眼や蛇腹などレトロな品もズラリと揃っています。どれも、電池などを入れればきちんと動くように整備されてあるそうです。

araki06.jpg
 航空撮影用のカメラ(上写真左)や、昔の赤外線カメラ(同右)、胃カメラなんてものまでありました。

 荒木様のお気に入りはオリンパスのPEN。「ただのプレスじゃなくて、しっかり作りこんであるダイキャスト(高圧鋳造)が好感持てるね」とのこと。へえ~。
 これまでに地元の新聞やケーブルテレビが取材に来たことがあるほか、その豊富な知識はカメラ店からも頼りにされているそう。
 すごすぎます。

araki07.jpg araki08.jpg

 ということで、きょうはさっそく足場の組み立てが始まりました。どのように生まれ変わるのか、期待しててね、ニーナちゃん!

関連記事
荒木様邸1 荒木様邸2 荒木様邸3  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根&壁塗装【飯田市 熊岡様邸】5

2010-03-11(17:52)
 快晴となったきょう、熊岡様邸では作業の山場のひとつ、中塗りが行われました。
 住宅の外壁塗装は下塗り1回、中塗り1回、上塗り2回の計4回がウォースペイント流。
 中塗りは防水性と付着力が強いアクリルゴム系の水性塗料を使用します。

34中塗り

 他の塗料よりも粘性が高く、ドロリとしています。泡立てかけの生クリームそっくり。
 この塗料は水性なので、必要に応じて水を加えて粘りけを調節し、しっかりかきまぜてから塗りに入ります。本当にクリームみたい。すみません、舐めてみていいですか……!?

35中塗り 36中塗り

 凹凸のある「ゆず肌仕上げ」にするため、ローラーも大振りな専用のものを使用。塗料に浸すとかなりの重さになります。

38中塗り

 ムラなく、そしてツノを立てずに塗るのが職人の腕の見せどころ。気温や日当たりなどに応じて塗料に加える水の量を加減しなければなりません。ツノが立ったまま乾いてしまうと、チクチクして危ないことも。

37中塗り

左側が下塗り、右側が中塗り。肉厚で高級感も出てきました。この厚さと弾力で、家を雨からしっかり守ります。
39軒天

きのうから続いている軒天の塗装もかなり進みました。
 明日は天気がよければ屋根や破風、樋などの塗装に入る予定です。

関連記事

熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 熊岡様邸6   
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根&壁塗装【飯田市 熊岡様邸】4

2010-03-10(15:41)
 春を目の前にして雪が降ったり雨になったり、空も変化が忙しいきょうこのごろ。
 熊岡様邸では、お日さまの機嫌をうかがいながら少しずつ工程が進んでいます。

25養生 26養生
 塗料が付いてはならない場所を保護する「養生」はほぼ全体が完了。窓や扉はもちろん、壁から出た配管やコンクリートの三和土(たたき)なども丁寧にビニールで覆います。

32養生 28下塗り
 一方、下塗りも8日に半分ほどが進みました。中塗りの付きをよくするためのものなので、この段階ではまだうっすらと下地が透けています。

27下塗り 29目地詰めa
 下塗り前の壁についている白い縦線は、サイディングボードの目地(隙間)を埋めるボンドコーキング(通称「ボンコー」)。塗料がつかず黒いスジが目立ってしまうのを防ぐための処理です。
29目地詰めc29目地詰めb

 軒天(軒下裏側の天井部分)の塗装も始まりました。カビによる汚れが目立っていた部分です。
 そこで、ここでは防カビタイプのアクリル塗料を2回塗り。一つの住宅でも、部位や目的によって最適の塗料を使い分けるんですね。

30軒天 31軒天

 外壁の隅では、建物の色を決めるためのサンプルが塗ってありました。お施主さんに見てもらって最終決定することになります。
33見本

関連記事
熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 熊岡様邸6
  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

飲食店情報:さるさ【飯田市】

2010-03-09(10:06)
 飯田サティの隣にある和洋のお店。店内はおしゃれな木調でなかなかいい雰囲気です。
さるさ2

お昼は定食を中心に、パスタやうどん、一皿ランチ(オムライスやカレーなど)がメニューでした。ランチはコーヒーとお茶がフリードリンク制。

さるさ1
 今回いただいたのは「さばの味噌煮定食」(950円)。さばはもちろん、小鉢もおいしかったです。
 夜は居酒屋になるみたいですよ。

さるさ3

評価★★★★★

さるさ情報
長野県飯田市鼎一色456
定休日 第1、第3火曜日
Tel.0265-22-3701
営業時間 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)、18:00~24:00(ラストオーダー23:30)
駐車場 有 
喫煙:可

取材日:2010年2月7日 情報提供:O氏




大きな地図で見る  
テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

施工ルポ:屋根&壁塗装【飯田市 熊岡様邸】3

2010-03-07(09:34)
 熊岡様邸の塗装工事第3日。コーキングの取り替えです。
 コーキングは、壁を覆うサイディングをつなぎ、内部に雨などが侵入するのを防ぐ大切な部分。傷んだ箇所は前日にすべて取り外し、この日は充填作業が行われました。

 まず、溝の両サイドにマスキングテープを貼り、プライマー(地塗り剤)を塗ります。シーリング剤の接着性を強めるための接着剤です。(左下写真)

16コーキング 17コーキング
 次に、溝の底に絶縁テープを貼ります(右上写真)。サイディングは風や地震、温度変化などで動いたり伸び縮みするので、シーリング剤が溝の底にくっついてしまうとコーキングがはがれやすくなってしまうわけです。

「きちんとマニュアルを守ることが大事。こういう下処理は見た目の仕上がりに影響しないけど、少し時間が経てば大きな差が出ることだからね」
 と職人さん。なるほど!

 いよいよ充填作業です。今回は「ネオウレタン」を使用。一般のポリウレタンや変成シリコンよりも優れた耐久性を持っています。
18コーキング 19コーキング
 ガンと呼ばれる充填機にシーリング剤を入れます。色といい質感といい、カマンベールチーズそっくりでおいしそう。

20コーキング 21コーキング
 下処理が終わった溝に注入。
 これをゴムヘラや鉄ヘラで仕上げていきます。けば立たずなめらかに仕上げる腕はさすが職人技。
 マスキングテープをピーとはがせばこのとおり。

22コーキング 23コーキング
「うちは平成5年から住宅のコーキングを手がけてるけど、まだ一度もやりかえたことはないよ」
 と職人さん。つまりそれだけコーキングが長持ちしているということです。

24養生
 ドアや窓をビニールで覆う養生も同時進行。そろそろ下塗りに入ります。

関連記事
熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 熊岡様邸6  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

「キッチンリフォームモニター」レポートその2

2010-03-05(12:01)
 ロハスプラスが募集した「新春キッチンリフォームモニター」に当選された片瀬美恵子様宅(北安曇郡池田町)で4日、キッチンの天板取替え工事が行われました。

 ヤマハのポイントリフォーム<いいとこどり>は、古くなった天板を人造大理石に交換するのが特徴。片瀬様宅では13年間使ってきたキッチンのステンレス天板が傷んできていたため、今回の募集にご応募くださいました。今回は約20万円相当のリフォームを施工費も含め無料で実施させていただきました。

 参照:レポートその1

片瀬邸04
 ステンレス天板だけをそのまま取り外します。下部の収納スペースや土台などをまとめて交換しようとすると費用も大きくなりますが、これならとても効率的。
 天板って、取り外せるんですね。こういうことができるという発想はなかなか今までなかったのではないでしょうか。

片瀬邸07 片瀬邸08
 片瀬様のキッチン寸法に合わせて加工された人造大理石天板が到着。仮設置して確認してから、板材を取り付けて高さを調節します。

片瀬邸09 片瀬邸10
 ガスレンジも元通りに再設置。寸法通りにピッタリはまりました!
 職人さんがついでにバーナーの手入れもしてくれました。

片瀬邸11
片瀬邸12

 天板を固定して上下水道を接続。工事終了です!
 シンクの色は片瀬様のご希望によりオレンジ色に。
 まな板たてやくず受けもついています。


 人造大理石の表面は、冷たいステンレスとは違って優しい手触り。裏側まで同じ材質なので、キズがついて下地が露出する、なんてことはありません。
 汚れがつきにくい性質で、もし油性インクの落書きやがんこな焦げ付きがあっても、液体クレンザーやナイロンたわしでこすれば簡単に汚れが落とせます。

片瀬邸11b 片瀬邸13

片瀬様のお声

「うれしいわあ! 台所がぱっと明るくなりました。調理台が広くなったのがいいですね。今までのキッチンはシンクが大きすぎて使い勝手がよくなかったんです。ほんと、いい会社と巡りあえてよかった!」

 今回はキッチンリフォームにあわせ、トイレリフォームと木製家具などの塗装もお手伝いさせていただきました。
「ローラー8年、ハケ一生」といわれる職人の技。くすんでいたキッチンテーブルが新品並みのツヤツヤになりました。

片瀬邸05 片瀬邸06
「ロハスさんはこんなこともできるんですねえ。助かったわ」と片瀬様。

 工事完了後、片瀬様ご自慢のお漬物などをごちそうになりました。いやもう、お気遣いなく……。すみません、いただきます!

片瀬邸14

 写真手前はエリンギの酢漬け。きのこってこういう食べ方もあるんですね。ごはんのおかずによく合いそう。
 毎年いろんな種類のお漬物をつくって、お子さんやご近所におすそわけするのが大好きな片瀬様にとって、使いやすいキッチンはとても大切なもの。
 今回のリフォームで、片瀬家のお料理がまたぐっとおいしくなるかもしれません!?」

関連記事
片瀬様1 片瀬様2
  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根&壁塗装【飯田市 熊岡様邸】2

2010-03-04(23:33)
 ときおり細かな雨がちらつく中、午前8時半から洗浄作業が始まりました。
 前回の時点で足場には覆いがかけられ、準備は万端です。
12洗浄1

13洗浄2
 使うジェット洗浄器は2台。除菌液を加えた水で、屋根から壁まで建物全体を洗浄します。3月に入り、真冬と比べて気温も少しずつ上がってきて作業もやりやすくなりました。
 
13洗浄3 15洗浄4

 きちんと除菌洗浄しないと、せっかく塗料を塗っても塗料が浮いてしまったり、ムラができたりしてしまいます。
 ノズルを近づけすぎて外壁を傷めないようにするのも洗浄のコツの一つです。

 あしたはコーキングの張替え作業を行う予定です。

関連記事
熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 熊岡様邸6
  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

施工ルポ:屋根&壁塗装【飯田市 熊岡様邸】1

2010-03-02(16:30)
 3月に入りまして、新しい施工ルポがスタートいたします。
 プレシャスライフ事業部が受注した飯田市の熊岡様邸で、屋根と壁の塗り替え工事が始まりました。
 サイディング壁と化粧スレート屋根、雨樋などを全面塗装することになります。

01工事前
02工事前2

 熊岡様邸の正面と裏側。全景だとよく分かりませんが、じつは……

03工事前3 04工事前4
 軒下の壁や軒の裏側などに汚れ、傷みが見えます。とくに、サイディングの釘打ち部分が目立ちます。

05工事前5

 雨樋や破風板もところどころ錆びが始まっている様子です。
 これらがどう美しく生まれ変わるのか、乞う期待。

 初日の今日は足場の組み立て。午前9時から鳶の職人さんたち2人が入って、トラックから資材を運び出し、軒下に並べていきます。

06足場組立1 07足場組立2

 3段の足場で建物全体を取り囲みます。

08足場組立
 午後2時、ほぼ組み上がりました。

10足場
 きょうはプレシャスライフ事業部の女性スタッフさんたちも現場入りして、塗装の状態を調べる勉強をしました。1月に初めて売上目標を達成し、先月下旬に社長からお祝いを贈られたこともあってか、みなさんヤル気にあふれてますね!

09足場
足場に登って「怖い!」とか言いながら、よーく見るとちゃっかりピース。

 明日からは洗浄作業にとりかかります。

関連記事
熊岡様邸1 熊岡様邸2 熊岡様邸3 熊岡様邸4 熊岡様邸5 熊岡様邸6
  
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。