FC2ブログ

エース・リフォーム 現場ルポ!

長野県、山梨県、三多摩地域の住宅塗装とリフォームならエース・リフォーム

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

非公開コメント

施工事例:外装【松川町 M歯科様】

2010-01-25(18:01)
 こんにちは、取材担当のイマイです。きょうは2009年9月に外壁塗装をさせていただいた松川町のM歯科様の施工事例をお届けします。

 M歯科様の建物はクリニック兼ご自宅。平成5年に開業して以来、外装の手入れなどはしてこなかったとそうです。ここ数年傷みが目立ってきたものの、子ども部屋の増築などで手が回らなかったのだとか。けれどことし、ついに外装のリニューアルを決断。当社にお声をかけてくださいました。
「営業の和地さんが『自信を持っていい仕事をさせていただきます』と言ってくれたので。こちらの予算も限られていたのでなるべく安く、とはお願いしましたけどね」
 と院長のM先生。

01施工前1
 こちらが施工前のM歯科様。遠目ではさほど傷みはないように見えますが……。

02施工前2 03施工前3
 塗料がはがれ、粉状に劣化。防水機能が切れているサインです。
「写真を見せてもらって、予想外に傷んでいることに驚きました」とM先生。

 下地調整(9月12日)
 まずは外壁が浮き上がってしまっているところをビスでしっかりと締め付けます(左下)。緩んだクギは打ち直します。どうしても埋まらない隙間は樹脂で埋めます。
04b下地調整 04足場
 足場組み立て(右上)
 大雨が降る天候の中でしたが、職人さんたちの頑張りで組み立て開始です。

 洗浄、養生(9月13日~)
05洗浄 06b養生
 除菌効果のある洗剤で汚れを落とします(左)。続いて塗料がついては困るところをシートでしっかりガード(右)。すべりにくい素材なので足元も安心です。

 コーキング(9月15日)
06eコーキングはがし 06fコーキング
 16年の間にぼろぼろになった目地材をはがし、マスキングテープを貼ってからポリウレタン系の速乾シーリング剤を充填します。滑らかに仕上げるのが職人の技。


06g不良箇所 06h不良修正
 ひびが入って壁材が剥がれ落ちた部分なども、塗装に入る前にしっかりと修繕。

 下塗り(18日~)
06i下塗り 06j下塗り
 下塗りによって傷んだ壁を強くします。今回は医療施設であることに配慮して、有機溶剤が含まれていない水性塗料を使用。広いところはローラー、細かいところはハケを使います。左写真には黒い汚れが見えますが、除菌済みなので重ね塗りしても大丈夫。

 中塗り(19日~)
06k中塗り 06l中塗り
 中塗りはウォースペイントのウリの一つ。寒冷地にも対応した防水性抜群のゴム系塗料を使います。専用のローラーで凹凸のある「ゆず肌仕上げ」を行うことで、外壁を落ち着いた質感に。角を立てず美しく仕上げるには、鋭い感性と熟練の技を必要とします。右上写真の上半分が中塗りしたところです。

 上塗り(19日~)
06m上塗り 06n上塗り
 お施主様が希望するカラーで上塗りします。右写真の左側が上塗り面、右側が中塗り面です。
06o上塗り2
 上塗りを丁寧に2回繰り返すことで、強く美しく仕上げます。下塗りからあわせて計4回の塗装を行うことになります。

 樋・破風(15日~20日)
06p樋 06q破風
 樋や破風も、専用の不織布できれいに汚れを落とし「目荒し」をしてから塗装します。これまでは白色でしたが今回はグレーに模様替え。
 右写真の左手前が古、右奥が新。やっぱりツヤが違いますね!


06r玄関 08看板塗装
 玄関の木部も前回と同じライトブルーで塗り直しました。看板の支柱もキレイに。

9月26日
09完成
 コンクリートの塀も塗装して完成! 前回は白でしたが、今回は優しいクリーム色に生まれ変わりました!

M先生のお話

「設計上、壁は凹凸が多くて面積が広いのに、びっくりするほど短期間でやってくれて助かりました。気がついたら終わってた、という感じですね。4層塗りは保ちがいいとのことで、安心できます。妻も満足してるみたいですよ」


M歯科
 風が強くて寒い中、撮影にご協力くださったM先生とスタッフの皆さん、どうもありがとうございました!

(取材:2010年1月22日)

スポンサーサイト
  
テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。