FC2ブログ

エース・リフォーム 現場ルポ!

長野県、山梨県、三多摩地域の住宅塗装とリフォームならエース・リフォーム

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

非公開コメント

南信州の桜探訪8

2010-04-25(23:00)
 南信州の桜探訪第8弾。今回は阿智村の桜を紹介します。標高が高いので、例年4月下旬に見ごろを迎える桜たちです。

駒つなぎの桜

樹種:エドヒガン
推定樹齢:500年
樹高:16m
所在地:阿智村園原・ビジターセンター「はヽき木館」から徒歩10分
撮影日:2010年4月21日

100421komatunagi.jpg

 全国から写真愛好家を集める有名な桜。田んぼに季節外れの水が張られているのは、カメラマンに対する地元の人の粋なサービスです。専門家に言わせると「桜は水はけのよい土地を好むので、木にとってはあまりよくない」とのことですが…。
 源義経が乗馬を繋いだとの伝説からこの名があります。兄頼朝から逃れるために義経が京都から奥州へ向け東山道を下ったのは文治3(1187)年2月。そのときすでに生えていたとしたら、樹齢はおよそ830年になる計算ですが、まあそこはそれ野暮なことは言わないように。
 開花の時期には近くの道路が車両通行止めになり、無料駐車場から1km弱歩くことになりますが、のどかな山里の風景を楽しめるので、苦になりません。


大きな地図で見る

黒船桜

樹種:ヒガンシダレ
推定樹齢:160年
所在地:阿智村清内路
撮影日:2010年4月21日

100421kurofune.jpg

 阿智村に合併した旧清内路村、その小学校の脇道を下って橋を渡った墓地にそびえています。ペリー来航の年(1853年)に植えられたと伝えられ、この名があります。周囲には「竹宵」と呼ばれる竹筒行燈が立ち並び、夜にはライトアップも。地元の人たちが地域おこしの核のひとつとして力を入れています。
 清内路はハナモモが有名。この写真を撮ったときはまだつぼみでしたが、連休中は見ごろになるのではないでしょうか。


大きな地図で見る

清南寺の夫婦桜

種類:ヒガンザクラ
推定樹齢:200年
所在地:阿智村清内路
撮影日:2010年4月21日

100421seinanji.jpg

 上清内路集落にあるお寺の境内に咲く古木。 本堂のガラス窓に映える桜影がきれいでした。
 写真はおそらく「夫」桜。夫婦桜といいながら3本あったんですが、真ん中の木は「子ども」という設定でしょうか。
 セイナンジとセイナイジ、よく似てるんですが、このお寺が清内路の地名の由来なのでしょうか?
 古くは織田信長の戦いぶりを記録した『信長公記』に「清南寺口」という語が登場し、この近辺のことだと考えられています。


大きな地図で見る

桜探訪1 桜探訪2 桜探訪3 桜探訪4 桜探訪5 桜探訪6 桜探訪7

スポンサーサイト
  
テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。